2021.9.1

騒音はなぜイライラする?その理由と対処法

私たちの日常の中には、家庭やオフィスなど、さまざまな場所であらゆる騒音がありふれています。

音の大小に限らず、その騒音が原因でストレスやイライラを感じたことはありませんか。

または、「どうしてこの音によってイライラするのだろう?」と思ったことはありませんか。

今回は、騒音が気になる企業様や個人の皆様に向けて、人が音に対してイライラを感じてしまう原因や、その対処法について解説します。

騒音対策をすることは、自社で働く者の働きやすさや健康を守るのみならず、近隣住民とのトラブル回避にもつながります。

普段の生活やオフィス環境などと照らし合わせて、騒音対策について考えるきっかけにしてみてください。

 

 

日常にありふれている騒音

 

私たちの身のまわりには、さまざまな騒音があふれています。

まずは、イライラの元となる日常で感じる騒音の例を挙げてみましょう。

 

日常で感じやすいイライラする騒音の例

・住居環境による、上階や近隣などから聞こえる家庭生活音

・車の走る音やエンジン音

・建設作業現場や工場などからの機械音や作業音

・ペットの鳴き声、赤ちゃんの泣き声、人の話し声

・静かな環境で聞こえる、PC作業音やモスキート音

 

上記のように、日常のあらゆる場面で騒音と感じる音は発せられています。

 

 

なぜ人は音によってイライラするのか

 

明らかに大きな騒音であれば、誰もがうるさいと感じ、イライラを感じることもあると思いますが、他の騒音の感じ方は、人によってそれぞれ受け止め方も違うでしょう。

同じ音でも、気になる人もいれば、全く気にならない人もいます。

 

では、どうして音は、イライラの元になるのでしょうか。

音をイライラの原因として感じとるのには、脳や自律神経などが関係しているといわれています。

 

脳科学では、聞こえた騒音を脳が処理する時に、音楽や雑音などを聞き取るための右脳ではなく、言語を聞き取るための左脳で受け止めるため、イライラの元となっているという説があります。

また、個人が日々の疲れやストレスを感じている状況だと、自律神経の乱れによって、いつもよりも敏感に音を感じとることが多くなり、それがイライラに繋がるとも考えられています。

 

 

イライラする騒音への対処法

 

では、騒音でのイライラを軽減するためには、どのような対処法があるでしょうか。

個人で対策できるものや、企業ができる対処など、複数の案が考えられます。

 

個人でできるイライラする騒音への対処法

・個人で耳栓やヘッドフォンなどを活用し、騒音を遮る

・自分が好きな音楽を流すなど、騒音を意識しない生活を送る

 

上記のように、個人で取り組める騒音の対処法もあります。

しかし、個人での対策には限界がありますし、そもそも個人で対策を取れない場所での騒音に悩んでいるということもあるでしょう。

その場合には、イライラする騒音を発しているものに対して、企業側の対策が求められます。

 

企業ができるイライラする騒音への対処法

・騒音の原因となる機械に防音対策を施す

・防音のための、職場のデスク周りなどに吸音ブースやパーテーションを設置する

 

イライラする騒音を遮ることは、自社で働く者の仕事のしやすさだけでなく、周辺住民とのトラブル回避にも繋がります。

 

 

音でイライラしない生活を目指そう

 

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、なぜ人は騒音にイライラ感じるのか、そして、その対処法についてご理解いただけたと思います。

騒音に対する対処や改善がされないと、自社で働く者の仕事に支障が出たり、聴覚や自律神経などの病気につながったりする恐れもあります。

騒音に対する適切な対策を取り、音でイライラしない環境を目指しましょう。

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)