2021.7.16

防音効果のある素材とは?素材別の特徴や注意点

機械音や生活音など、さまざまな音を軽減することができる「防音素材」。
工場をはじめ、大きな音を発する場所では、防音素材を取り入れることで音のトラブルを未然に防ぐことができます。
そんな防音効果のある素材は、大まかに分けると吸音材、遮音材、防振材、制振材の4種類です。
どの素材も音を軽減する効果が期待できますが、それぞれ特徴が異なります。
今回は、そんな防音素材の特徴を踏まえつつ、素材別の使用シーンや使用上の注意点などをご紹介します。
機械による騒音を軽減させたいとお考えの方、どの素材を使うべきなのかお悩みの方は、ぜひ参考になさってください。

 

 

防音素材別の使用シーン

防音効果のある素材別ごとに特徴や使用シーンを確認してみましょう。

 

騒音をなるべく小さくしたい時には「吸音材」

吸音材は、を吸収することで音漏れや反響音を抑制することができます。
よく使われているのは、小さな穴が多数開いた「多孔質系の吸音材」です。
例えば、グラスウールやウレタンスポンジ材などがあります。
これらの吸音材は、比較的価格もお手頃な上、重量も軽いので、コストを抑えつつ簡易で防音対策をしたいという方におすすめです。

 

音が外に漏れないようにしたい時には「遮音材」

遮音材は、発生する音を透過させず、跳ね返すことで防音することができます。
具体的な素材で言うと、石膏ボードや遮音シートなどがあります。
主な特徴は、素材の密度が高いほど、遮音性を発揮すること。
そのため、コンクリートや鉄板を用いることもありますが、コスト面も考慮したい場合は、石膏ボードと遮音シートを併用して使用することもできます。

 

衝撃や揺れによる音を抑制したい時には「防振材・制振材」

防振材と制振材は、どちらも振動が伝わらないよう抑制する素材です。
空気の振動を抑えたい場合には「防振材」、機械などの振動しているものを制御する場合は「制振材」を使用します。
素材は、どちらもプラスチックやゴムなど柔らかい素材が中心。
床や天井、壁、振動する機械に直接取り付けるなど、どの振動を抑えたいかどうかで、施行方法は異なります。

 

 

素材別使用上の注意

防音素材を使用する上で、気をつけるべき注意点を素材ごとに見てみましょう。

 

吸音材の注意点

吸音材は、音を吸収するための空気層がありますが、湿度が高いと空気層が湿気を吸収します。
そうなると、防音効果は下がってしまいます。
吸音材で防音対策をした際は、湿度の調整を心がけましょう。
また、湿気の多い場所へ設置する際は、特殊工事をするなどの対策が必要です。

 

遮音材の注意点

遮音材は、発生する音を跳ね返すことで、外部への防音効果を発揮するとお伝えしましたが、その分、室内で音が響いてしまうことがあります。
室内の音が気になる場合には、音の反響を抑える「調音材」を併用して使うとよいでしょう。

 

防振材・制振材の注意点

防振材や制振材は、素材が柔らかいものが多いため、床部分に設置するとさまざまな支障が出る可能性があります。
例えば、歩行がしにくかったり、機械に不具合が出たりなど。
この素材を使用する際は、どこに設置するのか、また素材選びに注意して使うようにしましょう。

 

 

素材ごとの注意点を理解し、適切な防音対策を

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、防音効果のある素材についてご理解いただけたと思います。
防音材といっても、種類はさまざま。
素材ごとの特徴や注意点を知った上で、正しい防音対策を行ってください。

工場の防音対策・防音パネルをご検討の方は、岐阜プラスチックのテクセルセイントへぜひお気軽にご相談ください!

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)