2021.7.16

防音方法の種類について!工場における騒音対策3選

工場やリサイクルの機械を使用する工場現場では、「騒音を改善したい…」「防音対策はどのように行えばいいのだろう…」と考える企業の方も多いのではないでしょうか。
機械を使用することで騒音が発生する工場現場では、騒音を発する音源そのものへの対策や工場建屋への防音対策、工場建屋周囲への防音対策などが有効です。
日頃から防音対策にしっかりと取り組むことで、騒音を軽減できるだけでなく、騒音に関するクレームやトラブルなどを防ぐことが可能です。
この記事では、どのような防音対策を行えばいいのかお悩みの企業の方たちに向けて、シチュエーション別の防音方法を、わかりやすく解説していきます。
騒音を軽減させたい企業の方、詳しい防音方法について知りたい企業の方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

防音方法1.音源対策について

まずは、工場稼働中に騒音を発生する音源に対して行う防音方法を紹介します。

 

防音ボックスを使用する

騒音の原因になっている機械が断定できる場合は、防音ボックスがおすすめです。
組み立て式の防音ボックスを選択すれば、大きな音を発生させている機械のみを覆うことができます。
防音ボックスのみでも内部の音を遮音することができますが、内部に吸音処理を加えることで、より効果がアップするでしょう。

 

機械自体に制振処理をする

騒音の原因となる機械が外装板を通して大きな音を発生させている場合は、直接機械に対して鉛テープや制振シートを貼る防音方法が有効です。
その他にも、重量が大きくなるLアングルなどを機械自体に取りつけることで、騒音を防ぐこともできます。

 

防振装置や機械基礎補強をする

工場が機械の振動により揺れることで、騒音が発生している場合には、防振装置及び機械基礎補強がおすすめです。
振動のレベルにもよりますが、機械が設置されている基礎となる部分に防振ゴムまたは、振バネを補強する工事を行います。

 

 

防音方法2.工場建屋への対策について

音源への直接的な対策ができない場合は、工場建屋内の防音対策も検討しましょう。
工場内の壁が反射性の高い素材でできており、大きな音が響くという場合には、天井や間仕切り壁、内装・外壁への吸音処理として、遮音材を貼る・防音パネル・屋内防音壁を立てるなどの防音方法が有効です。
その他にも、吸音対策として、高音域に対してグラスウール材を壁に貼る施工や、低音域に対して吊り下げタイプの吸音板も有効でしょう。

 

 

防音方法3.工場建屋周囲への対策について

工場内の音源対策や工場建屋へ防音対策が行えない状況にある場合や、外部に騒音の原因がある場合は、工場建屋周囲への防音対策を検討しましょう。
工場建屋周囲に対しては、周囲へ直接音が届かないようにする目的で、防音壁を建てて対応するのが有効です。
工場と周囲までの距離が近く、防音壁を建てるのが困難な場合は、工場の中に防音壁を建てる方法もあります。
防音壁の材料選びは、工場現場の条件に合わせて鋼製・セメント板・アルミ製などの中から最適なものを選びましょう。

 

 

シチュエーションにマッチした防音対策を行おう!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、防音対策のポイントがご理解いただけたと思います。
騒音を少しでも軽減したいと考える企業の方は、シチュエーションに合った防音方法を選びましょう。

工場の防音対策・防音パネルをご検討の方は、岐阜プラスチックのテクセルセイントへぜひお気軽にご相談ください!

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)