2021.9.1

職場音ストレスが与える影響やその対処法|職場音の種類も

職場で聞こえてくるさまざまな音にストレスを感じる、という声を社内で耳にしたことはありませんか?

機械が作動する音で会話すらできないという場合はもちろん、オフィスのキーボードを叩く音がストレスにつながることもあるでしょう。

今回の記事では、職場音にはどのような音があるのか、そして職場音が与える影響と対処法について詳しく解説していきます。

仕事に集中しながら長い時間を過ごす職場。

その環境を整えることは、心身の健康維持に加え、仕事の質を高める上でも重要なポイントになります。

よりよいパフォーマンスのために職場環境を改善したいという方は、ぜひ参考にしてください。



職場で聞こえる音


職場では多種多様な音が聞こえてきます。

工場などであれば、機械が動作する音。

オフィスであれば、キーボードを叩く音やボールペンをノックする音。

そして電話やミーティング、接客中など人の話し声もありふれています。

オープンオフィスの職場音は60~65デシベル程度とされており、人がストレスを感じないと言われる40~50デシベルよりも高いレベルです。

さらに工場では、カラオケの店内や犬が吠える声と同程度とされる、90デシベルを超えた音が発生する環境で仕事をしなければいけない場面もあります。

音の大小に関わらず、半数以上の人がストレスに感じると言われている職場音。

職場での音は、働く人々にどのような影響を与えているのでしょうか?


職場音からの影響


職場音が「うるさい」と感じた段階で、周りが気になって集中力が下がったり、ストレスがたまったり、イライラした気分になったりするでしょう。

影響はそれだけにとどまらず、職場音にさらされ続けることにより血圧や心拍数の上昇、聴力の低下や耳鳴りにつながってしまう可能性もあります。

また、職場音により重要な情報や警告音が聞き取れないといった状況になってしまうと、事故に繋がってしまう恐れもでてきますし、過度な職場音が継続すると、これまで見てきたような身体的な部分だけでなく、睡眠不足など精神的な面でダメージが出てくることもあるでしょう。

こういった事態をさけるため、職場音にはきちんと対処していくことが大切です。


職場音への対処法


すぐにできてコストも低い職場音への対処法は、耳栓をすることです。

工場では作業をする際に耳栓の着用を義務づけている所もありますから、その有用性がうかがえます。

しかしこの方法は、周囲の指示や相談が聞こえづらくなってしまうので、耳栓を付けるときは事前に周知しましょう。

オフィスでの職場音対策としては、パーティションや個室を設置することが挙げられます。

最近では、吸音性に優れた素材を使用した移動可能なパーティションやブース、卓上に置くだけで雑音を減少させる折りたたみ式のボックスなどもあります。

また、機械を取り扱う場での根本的な対処法としては、機械自体に騒音対策を施すという手もあります。

機械の種類や大小に関わらず幅広く対応可能なので、この場合はまず、専門業者へ相談してみましょう。

専門の業者へ依頼すると、事前に騒音測定をした上で具体的な案を提案してくれます。

あなたのニーズに合った職場音への対策ができるので、騒音対策に腰を据えたい方におすすめです。


騒音対策をして快適な仕事環境を目指そう


いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで職場音ストレスとその対策がご理解いただけたと思います。

より快適な仕事環境のために、あなたの会社に合った騒音対策を考えてみましょう。

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)