2021.9.1

「音」関連の知っておくべき用語|低周波騒音や暗騒音など

音に関連する4つの用語をまとめました。
騒音対策をするには、まず音について知ることが大切です。
周辺への騒音を改善したいと考えている企業の方は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

低周波騒音

 

低周波音とは、大型の乗り物や機械などから発生する低い音のこと。
一定値を超え、人に圧迫感や不快感を与えるほど大きい低周波音が低周波騒音です。
この場合、家屋の窓や戸を揺らし、建具などに影響を及ぼすこともあります。

 

 

暗騒音

 

暗騒音とは、測定したい対象物から発生する音以外で同時に存在している音のこと。
例えば、ある機器の騒音を調査する場合、対象機器が作動している際の音と機器を作動させずに測った暗騒音を比較することで、機器単体の騒音の推定が可能です。

 

 

無響室

 

無響室とは、自分の呼吸音や心臓の音が聞こえるほど、極限まで音が無い部屋のこと。
外部からの音をシャットダウンする遮音、室内の音の反射を防ぐ吸音、両方の機能を叶える設備が必要です。

 

 

共鳴

 

共鳴とは、振動数が等しいもの同士が働きかけ合って振れ幅が大きくなる現象のこと。
そもそも音は、人や物から発せられた振動が空気などを介して耳に届いたものです。
共鳴により音が増幅するので、騒音の原因となることもあります。

 

 

音について知ることは、騒音改善に役に立つ!

 

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、音に関連する用語が数多くあることをご理解いただけたと思います。
低周波騒音や暗騒音などの音に関する知識が、騒音改善のきっかけになれば幸いです。

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)