2021.9.7

排気ダクトの騒音対策はどうすればいい?対策ポイント4選

「排気ダクトの音がうるさい」と近隣住民の方からクレームを受けた経験はありませんか? ダクトが正常に機能していればクレームが出ることはほぼありませんが、排気ダクトの経年劣化や防音対策の不備などが原因で、騒音問題に繋がることがあります。 ただ、きちんと対策を取っていれば、騒音を防ぐことは可能です。 今回の記事では、排気ダクトの機械についての概要や、排気ダクトの騒音問題、騒音対策のポイントについて具体的に解説していきます。 排気ダクトの騒音対策に困っているという企業の方は、ぜひこの記事を参考にして、対策を考えていきましょう。

 

 

目次

 

排気ダクトとは

 

排気ダクトとは、汚れた空気や熱気を外に排出する設備のことです。 主にレストランや工場、スーパー、オフィスビルなど気密性の高い大型の建物に設置されています 。 排気ダクトは油やほこりなどの汚れがたまりやすく、悪臭や騒音問題に繋がることも多々あります。 そのため、定期的な点検や清掃をして、きれいな状態で保つことが重要です。

 

 

排気ダクトの騒音問題

 

環境省の騒音規制法施行状況調査(平成31年度)によると、寄せられた苦情件数の1位が建設作業からの騒音、2位が工場・事業場によるものとして、上位を占めています。 さまざまな騒音がある中で、排気ダクトの騒音もこの中の1つと考えられます。 排気ダクトの騒音は、排気を外に出すときダクトの振動音、ファンの回転音が原因です。 飲食店などは夜間でも常に排気ダクトを稼働させるので、耳障りと感じる人も多くいます。そのため、設置者には騒音防止のための対策が求められているのです 。

 

 

排気ダクトの騒音対策のポイント

 

これからは、排気ダクトの騒音対策を4つ紹介します。

 

 

ダクト内を清掃する

 

ダクトを長期間清掃しないでいると、油汚れやゴミが付着し、異常な振動音がするときがあります。 その場合は、専門業者に清掃してもらうことで騒音を抑えられるでしょう。 しかし、汚れがひどいときや、部品の劣化が見られる場合は、修理や交換を依頼した方が長い目で見た時にコスト削減につながるかもしれません。

 

 

騒音の原因になっている部品を交換する

 

排気ダクトの騒音の原因には、部品の劣化も考えられます。 キュルキュルという音がする場合は、ファンを回転させるためのファンベルトが故障している可能性が。 一定のリズムで異常音が聞こえる場合は、ファンの軸を支える軸受が古くなって正常に回転できていないケースが多いです。 騒音の原因になっている部品を交換すれば改善できますが、ダクト全体の破損や劣化がひどいときは、全交換の方が安上がりなこともあるでしょう。

 

 

防音パネルを設置する

 

防音パネルとは、騒音が外に漏れないように設置するパネルのこと。 飲食店など油汚れが出やすい排気ダクトで、狭い場所に設置されている場合は、ビスを外すだけで点検できる防音パネルが適しています。 油汚れを防止するためには、防音パネルの中にメッシュ素材の油取りを付けておくとよいでしょう。

 

 

サイレンサーを取り付ける

 

サイレンサーとは、反射板や吸音材を使って騒音による空気の振動を吸収したり、はね返したりするものです 。 円形の筒状タイプのサイレンサーは、筒の長さや太さを調整することによって、特定の音だけを取り除くこともできます。 ただし、使う場所によっては油や汚れが付着して吸音面をふさぐ恐れもあるため、耐久性のあるものを選ぶことをおすすめします。

 

 

排気ダクトの騒音対策は業者に任せよう

 

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで、排気ダクトの騒音対策がご理解いただけたと思います。

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)