2021.7.16

防音材のシーン別選び方。正しく選ぶなら種類と性質を知ろう

音は、家・オフィス・工場・屋外など、生活する上でさまざまな場所から発せられますが、それぞれで気になる騒音には特性があり、対策方法もさまざまです。
そのため、防音対策をするときは、その場所で気になる音に対して、しっかりと適応する材質を選ぶことが大切です。
今回は、防音材のシーン別の選び方を解説。
家・オフィス・工場の3つのシーン別におすすめの防音材と組み合わせ、防音材の特徴などを解説します。
オフィスや工場での防音対策をしたいと思っている企業様、防音対策を検討しているけれど、具体的にどの防音材を選んでいいのかわからない…という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

使用シーン別防音材のおすすめ

防音材には、大きく分けて吸音材・遮音材・防振材・制振材の4種類があります。
今回は、オフィスや家庭、工場、3つの場所での防音対策に適した防音材を紹介します。

 

 

オフィスにおすすめの防音材

オフィスは多くの人が会話や電話、またパソコンでの作業等を同時にするため、ザワザワとした騒音が気になりやすいです。
有効的な防音対策として適しているのは、吸音材です。
吸音材は、スタジオや音楽室等などでも使われており、反響する音を減衰させてくれ、楽器の音などをよりきれいに聞こえさせるという効果があります。
吸音材の材質には、グラスウール・ウレタンスポンジ等がとして使用されることが多いです。
また、襖や障子のような薄い板や紙、有孔ボードのような吸音構造が施されている板も吸音材の一種とされています。
オフィスや会議室の壁に吸音材を用いれば、吸音材が騒音を和らげてくれるため、仕事の効率化・集中力アップにも繋がるでしょう。

 

 

家におすすめの防音材

家では、窓から入ってくる外からの騒音や、集合住宅であれば、隣や上下の家から聞こえてくる生活音などが気になるところでしょう。
特に集合住宅では、子供の足音やテレビや楽器の音が響きやすく、気になる人も多いのではないでしょうか。
家で使うおすすめの防音材は、遮音材です。
遮音材とは、音を通さずに遮断する材質のこと。
コンクリートや鉄板等も音を遮断するので、広く言えば遮音材と言えますが、住居ではすでに備わっていることが多いにも関わらず、音が気になる人は多いもの。
これだけでは不十分と感じる場合も多いです。
追加で防音対策をするなら、まずは外への音漏れを防ぐ目的で遮音材を用いることがおすすめです。
床に敷くだけで足音を下の階に響きにくくするマットやシートも売られているので、それらを使うとだけでも簡単に対策できるでしょう。
なお、遮音シートは、外への音漏れを防いでくれますが、その代わり室内の反響音が大きくなることがあります。
この場合、吸音材と合わせて使用すると、より快適に防音対策ができるので、合わせて使うのもおすすめです。

 

 

工場におすすめの防音材

工場で振動する機材での作業があるときには、その振動により騒音が生まれます。
この騒音におすすめの防音材は、防振材・制振材です。
防振材・制振材は、どちらも同じような性質をもっていますが、「防振」は衝撃で発生する振動を抑える、「制振」は振動している物体の面に当てて揺れを制御して抑えるという意味になります。
防振材にはゴム素材が多く、精密機械や油圧プレス等の使用の際に下に敷いて使うことが多いです。
家庭でも、洗濯機の脚部分に取り付けられている場合があります。
一方、制振材は粘弾性の樹脂がシート状になっているもので、よく車のトランクやドアの裏に用いられています。
これらを機械の下に敷けば、振動による音を抑えることができるでしょう。
より外部への音を遮断するためには、壁にコンクリート加工を施す、工場内での反響音を防ぐために内側の壁には吸音材を用いる等、性質の違う防音材を組み合わせることで、より高い防音効果が期待できます。

 

 

シーンに合った防音材を選ぼう

今回は、防音材の種類とシーン別のおすすめ防音材について紹介しました。
オフィスやご家庭での防音対策の参考になりましたでしょうか?
使用シーン別に正しい防音材を選ぶことこそが、しっかりした防音対策の近道です。
どの組み合わせがいいのかわからない方は、一度専門の業者へご相談ください。

防音対策をご検討の方は、岐阜プラスチックのテクセルセイントへぜひお気軽にご相談ください!

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)