2021.7.16

吸音パネルとは?そのさまざまな効果と種類を紹介

室内環境で、音の反響が気になるという人に向けて、吸音パネルを設置することによる効果と、その種類について紹介します。
室内の音の反響をやわらげ、音の伝わり方をはっきりさせてくれる吸音パネル。
吸音パネルを導入すると、雑音や反響する音がパネルにより吸音されるため、声が聞き取りやすくなり、オフィスでの打ち合わせなどがスムーズになります。
また、学校など学ぶ環境に取り入れれば、学ぶ人の集中力が上がることも期待できます。
そんな吸音パネル、実はさまざまな種類やカラーがあるというのはご存知ですか?
見た目も選べるので、防音対策としてだけではなく、お部屋に合ったものを選んでインテリアをおしゃれにデザインすることも可能。
魅力たっぷりの吸音パネルについて見ていきましょう。

 

 

吸音パネルとは

吸音パネルとは、名前の通り音を吸収するパネルのことを指します。
パネル内に音が入ると、中にある吸音素材とぶつかり摩擦が生じて、音の力を軽減させる仕組みです。
種類によって使っている素材や表層材が異なることから、性能にも違いが生じます。
吸音パネルは、難しい工事を必要とせず設置できるのが魅力です。
壁やパーティションなどに簡単に貼ることができるので、オフィスや学校はもちろん、家にも設置することができます。

 

吸音パネルはバラエティー豊かな見た目

吸音パネルは、見た目の種類も豊富で、オフィスの雰囲気に合ったものを選べるのもうれしいポイントです。
音の反響が気になる空間の雰囲気に合わせて、カラーやデザインを選びましょう。
また、さまざまなカラーの吸音パネルを組み合わせて、壁面をデザインするのもおすすめです。
保温、断熱性効果がある吸音パネルも展開されているため、用途に合わせて選んでみてください。

 

吸音パネル設置による効果とは

吸音パネルは、さまざまな環境でその効果を発揮します。
オフィス空間では、パソコンやFAX、コピー機などのOA機器の音が気になったり、テレビ会議でのハウリングで、相手の声が聞き取りづらかったりということがあるでしょう。
音環境の悪さは、仕事の効率にも直結します。
そんなオフィス環境に吸音パネルを導入すれば、会議をはじめ社内でのコミュニケーションもスムーズになり、仕事の効率も上がるでしょう。

また吸音パネルは、保育園や幼稚園の防音対策にもなります。
子どもの声は大人より高いため、室内に響きやすいのが特徴です。
音の響きは、園児や保育士の耳への負担にもつながります。
吸音パネルを設置して、過度な反響を抑えることで、耳への負担の軽減はもちろん、大きな声を出さずに園児へ指示が伝わるようになるのもメリットです。
学校などの教育現場では、隣の教室の声が聞こえてしまって授業に集中できないという生徒もいるでしょう。
吸音パネルを各教室に取り入れれば、生徒たちが集中する環境を整えることができます。

 

 

吸音パネルで心地よい空間を!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、吸音パネルを設置する効果についてご理解いただけたと思います。
吸音パネルを設置して、オフィス環境とインテリアを整えてみてはいかがでしょうか。

防音対策をご検討の方は、岐阜プラスチックのテクセルセイントへぜひお気軽にご相談ください!

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)