2021.9.1

防音対策の種類|吸音・遮音・防振・制振の解説とよく使われる素材

プレス機や粉砕機など を扱う工場内では、騒音がつきものです。
今回は、騒音を改善したいと考えている企業様向けに、吸音をはじめとする防音対策の種類についてまとめたので、参考にしてみてください。

 

 

 

吸音

 

音を吸収することにより音漏れや反響音を軽減させる防音対策のひとつです。
音が素材に開けた微細な穴を通るときに、摩擦が起きて小さくなるという仕組みです。
吸音材には、ミニソネックスやグラスウールなどがあります。

 

 

遮音

 

音をはね返して遮断することにより音漏れを防ぐことを指します。
遮音材には遮音シートや石膏ボードなどがあり、ものによっては取り付けるだけで使えます。
密度が高く頑丈に出来ているのが特徴です。

 

 

防振

 

機械から建物に伝達される振動をできるだけ小さくおさえることを防振といいます。
振動の伝達を小さくする防振材には、プラスチックやゴムなど柔軟性のある素材が多く、床材や壁などに使うと効果的です。

 

 

制振

 

制振とは、振動している機械や壁に揺れをおさえる素材を使用し、音の発生を防ぐことをいいます。
ゴムシートや鉛シートなどが制振材として使われています。

 

 

防音対策には4つの種類がある

 

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで吸音をはじめとする4つの防音対策がご理解いただけたと思います。
騒音問題を解決するには、それぞれの状況に合った対策が必要です。

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)