2021.7.16

防音BOXの種類はどんなものがある?利用目的に合わせた選び方

防音BOXの種類や用語の基礎知識などを解説していきます。

防音とひと言でいっても、室内外の音を遮りたいのか、音が反響するのを抑えたり、振動を抑えたりしたいのか、目的によって方法もさまざまです。

防音BOXの種類も、持ち運びできる簡易的なタイプや部屋の中に設置する施工型など、選び方や用途も利用シーンによって異なります。

防音の基礎知識を身につけることで、目的に合った防音対策をしたり、最適な防音BOXを選択したりすることができるかもしれません。

工場やリサイクルの機械による騒音を改善したいと考えているが、どんな方法があるのか、何から手を付けたらよいかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

防音の基礎知識

最初に解説するのは、防音の基礎となる言葉や素材についてです。

防音にもいろいろな方法があり、環境や目的に合わせて使い分けたり併用したりします。

基礎知識を覚えていれば、どんなときに、どんな防音方法を取り入れればいいのか、的確な判断をすることができるかもしれません。

 

遮音とは

遮音とは、室内や外からの音を壁などに反射させて遮る防音方法です。

空気中を伝わる音が外へ通り抜けないよう、押し返すことで遮断します。

遮音するための素材にも、いろいろな種類がありますが、コンクリートや鉄板はコストがかかるため、石膏ボードや遮音シート、遮音テープなどと組み合わせて使用し、遮音することが多いです。

遮音材は、次のようなときに使用します。

 

遮音材を使うケース

  • ・部屋の音を外にもらしたくない
  • ・外から聞こえてくる騒音を防ぎたい
  • ・集合住宅などで隣接する部屋からの音を遮りたい

 

材料を組み合わせて遮断する音の量を調整することもありますが、反対側へ通り抜ける音の量が少ないほど、遮音性が高いということになります。

 

吸音とは

吸音とは、音を反射させるのではなく、外に抜けていく途中の空気抵抗によって振動を減少させて音を小さくする、遮音とは正反対の防音方法です。

吸音には、グラスウールやロックウールといった素材が使われることが多いですが、吸音ボードとよばれる材料には、これらの素材が使われており、断熱材としての効果が期待できるものもあります。

吸音材は、次のような場面で使われることが多いです。

 

吸音材を使うケース

  • ・楽器演奏や音楽鑑賞などの音をクリアにしたい
  • ・音が過剰に反響するのを抑えたい
  • ・会議室など音がこもりやすい室内で音や声を聞き取りやすくしたい

 

吸音は、反響音を防ぐだけでなく、残響音の調整にも有効な防音方法です。

音の反射が少ないほど、吸音性が高いということですが、遮音と吸音、両方の効果を得るために、遮音シートなどと併用することもあります。

 

防振とは

防振とは、その名の通り振動の伝達を防いで音を減少させることで、音の元となるものと、床や壁などが触れることで振動が発生してしまうときに利用する方法です。

防振には、遮音マットが使われることもありますが、ゴムマットやフェルトなどやわらかい素材のものを使うことも多いです。

ただ、ピアノの演奏や運動をするときなど、やわらかい防音素材で動作に支障があるときは、用途に合わせた専用の防振材が用いられることもあります。

防振材は、次のようなときに使います。

 

防振材を使うケース

  • ・工場内で使用する機器の振動が床に伝わらないようにしたい
  • ・足音や家電のモーター音などが階下や隣の部屋に伝わるのを防ぎたい
  • ・ピアノやスピーカーの低音などの振動が伝わるのを抑えたい

 

床そのものに防振効果のある素材を利用することもありますが、振動を抑えたい機械や楽器と床の間に防振ゴムなどを設置して防振対策をする場合もあります。

 

制振とは

制振は、振動を短時間に抑えて、音の発生を抑える防音方法です。

ほかの防音と違って、振動の発生源そのものにはたらきかけるのが制振の特徴です。

たとえば、制振材は次のようなときに使います。

 

制振材を使うケース

  • ・ロッカーの開閉音を抑えたい
  • ・洗濯機、エアコン、冷蔵庫などの音を抑えたい

制振の代表的な素材は、カルムーンシートとよばれる制振用のシートで、振動を抑えたいものの面に直接張って音を防ぐことが可能です。

制振だけでなく、遮音にも使用される鉛のシートや、洗濯機や引き戸など、用途に合わせて使える専用の制振材もあります。

 

 

防音BOXの種類

防音BOXにも、使用する用途や環境に応じて設置できるよう、さまざまなタイプのものがあります。
ここでは、3種類の防音BOXについて紹介します。

 

簡易型

簡易型は、工事現場やお祭りなどイベント会場などで利用されることの多い防音BOXです。

設置が簡単で、コンパクトに折りたたんで持ち運びできるものもあります。

発電機や工事現場でのハツリ作業など、騒音の元となる場所に被せて使うケースが多く、災害時には仮設電源の騒音対策として使用された例もあるようです。

そのほかにも、机の上に置くだけで使えるボックスタイプは、テレワークやZoomを利用したWeb会議のときの防音対策に便利です。

室内で楽器を演奏したり、ボイストレーニングをしたりする際に便利な簡易型の防音BOXは、サイズが試着室くらいで、工事も不要なので、とても簡単に組み立てて設置することができます。

 

施工型

施工型は、工場内の大きな音が出る機器類専用の防音室として使ったり、検査室や実験室として利用されたりする個室のような形をした防音BOXです。

工場だけでなく、音響テスト用の防音室や病院の聴力検査室など、さまざまな用途で使用されています。

大がかりな工事が必要なく、短時間で簡単に組み立てられるユニットタイプのものが多く、設置や移設も手軽に行うことができます。

メーカーにもよりますが、パネルや部品がキットになっており、ドライバーひとつで組み立て可能なものもあるようです。

 

無響室

無響室は、反響のない部屋のことで、完全無響室と半無響室、無響箱とよばれるタイプがあります。

精度の高い完全無響室は、家電や音響機器、自動車の部品を扱うメーカーなどで利用することが多く、製品性能をはじめ、異音検査などにも使用されます。

硬く平らな床がある半無響室は、自動車メーカーや精密機械を扱っている会社などで利用されており、重量のあるものの測定で使用されることが多いです。

無響箱は、さらに小さな部品などの測定を行う際に利用します。

どのタイプも、反射や屈折、干渉などの影響がない自由音場とよばれる環境に限りなく近い状態を作り出せるのが特徴です。

無響室で行われる測定は、実験や研究に近いため、測定するものや設置場所、快適に利用できるかなど、いろいろなことを想定して設計されます。

 

 

目的やシーンにあった防音BOXを設置しましょう

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで防音BOXの種類についてご理解いただけたと思います。

最適な防音対策を行うためにも基礎知識を学び、目的や環境にあった防音BOXを選んで設置しましょう。

防音対策をご検討の方は、岐阜プラスチックのテクセルセイントへぜひお気軽にご相談ください!

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)