2021.9.1

粉砕機の騒音対策をする際のポイントとは

ものを砕いてくれる粉砕機は、主に工場などで取り入れられています。

なかには、小型のものをオフィスで使っている企業様もあるかもしれませんね。

再資源化や省スペース化の目的で粉砕機を設置している企業様は多いと思いますが、その大きな騒音でお困りではないでしょうか。

騒音は、たとえ続く時間が短かったとしても、従業員や近隣住民に健康被害を与える可能性があります。

そのため、しっかりとした騒音調査をして対策を施すことが必要です。

ここでは、粉砕機の騒音問題や対策のポイントについてまとめました。

粉砕機の騒音問題にお困りの企業様向けにわかりやすく解説していますので、ぜひ一度目を通してみてください。

 

 

粉砕機とは

 

粉砕機とは、高速回転によってゴムや木のくず、プラスチックなどを砕いて2~20mmの粉状にする機械です。

粉砕機は、主に再資源化や省スペース化などの目的でオフィスや工場などで使用されています。

粉砕前のサイズが大きなものは粉砕機に負荷がかかるため、事前に破砕機である程度小さくしてから粉砕機にかけます。

粉砕されたものは、決められたサイズより小さくなるとスクリーンを通って粉砕機の外に排出される仕組みです。

粉砕するものや目標とする切断サイズにより種類が異なることから、工場では複数種類の粉砕機が同時に稼働していることも多いようです。

 

 

粉砕機の騒音問題

 

粉砕機のなかには、静音設計になっているものや、簡易的な防音装置が付いたものなどもあります。

しかしそれ以外の粉砕機では、稼働しているときに80~110dB程度の音が出ます。

90dBが芝刈り機、100dBがドライヤー、110dBがコンサート会場レベルの騒音であることを考慮すると、粉砕機の稼働中はかなりの騒音が出ていると言えるでしょう。

 

騒音は、難聴や不眠、うつ状態など、人に対してさまざまな影響を与える可能性があることから問題視されています。

ちなみに、難聴に関してWHOが定めている1日あたりの許容基準は、100dBでは15分、110dBでは28秒までです。

騒音レベルが大きい場合は、その時間が長くなかったとしても難聴のリスクがあると言えます。

このことから、粉砕機の騒音はすぐにでも対策を施すべき問題です。

 

 

粉砕機の騒音対策のポイント

 

粉砕機の騒音対策は防音パネルで囲むことがポイントです。

小型の場合は機械全体を囲み、大型の場合では防音パネルを組み合わせて防音室を作ります。

大型の粉砕機は、作業性や人の導線を考慮して、投入口やコンベアーを避けて囲むのが一般的です。

防音室は、粉砕機をメンテナンスするときのために、取り外しができるように作る必要があります。

 

 

粉砕機の騒音対策は業者へ依頼を

 

今回は、粉砕機の騒音対策について解説してきました。

自社にとって粉砕機の騒音対策の必要性を知る材料となりましたでしょうか?

粉砕機の騒音対策について検討している方は、専門の業者に相談してみることをおすすめします。

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)