2021.9.1

集塵機の騒音対策|起こりうる問題と具体的な対策方法

工場の工程や機械設備によっては導入が必要で、重要な役割を果たす集塵機。

しかし、集塵機からは大きな音が発せられるため、その騒音によって「会話がしにくい」「ストレスが溜まる」といった弊害になってしまう恐れもあります。

集塵機の使用や設置がされている工場などでは、騒音対策を検討しているケースもあるのではないでしょうか。

特に、屋外に設置されている集塵機の騒音対策をしないままだと、近隣との騒音トラブルになってしまう可能性も考えられます。

そこで今回は、集塵機についてや騒音による問題、騒音対策のポイントなどについてまとめてみました。

工場などで集塵機の騒音対策を検討している方、騒音にお悩みの方は必見です!

 

 

集塵機とは

 

まずは、集塵機について理解を深めましょう。

 

集塵機とはどんな機械?

 

集塵機とは、空気中に含まれる粉塵やヒュームといった有害物質を吸引する機械です。

粒子を分離する方法によって、サイクロン式やろ過式、重力沈降式などさまざまなタイプの集塵機があります。

 

集塵機を使用する場面

 

工場などで、切断や研磨といった工程がある場合、空気中に大量の粉塵が舞います。

有害物質が含まれた粉塵などがそのまま工場外に排気されてしまうと、大気汚染の一因となってしまうことも。

集塵機は、排気する前に工場内の空気を吸引し、空気と有害物質を分離する目的で使用されます。

 

 

集塵機の騒音問題

 

集塵機は型や大きさ、風量などによって騒音レベルが異なりますが、パルス音やファンの音、ダクト音などが発せられています。

汎用型で最大風速が78㎥/min以上のもので80dBを超え、パルス型で最大風速が55㎥/min以上でおよそ78dB、屋外に設置する集塵機でも56dBと大きな音が出ます。

80bBの騒音レベルは、飛行機の機内と同じくらの騒音です。

 

騒音が大きいと、従業員同士がコミュニケーションがとりにくいだけでなく、ストレスにもなります。

また、屋外に集塵機が設置されている場合は、近隣と騒音トラブルに発展してしまう可能性もあるでしょう。

こういった問題を解決するには、集塵機の騒音対策が必要となります。

 

 

集塵機の騒音対策のポイント

 

最後は、集塵機の騒音を対策する際のポイントを見ていきましょう。

 

騒音対策パネル設置が有効

 

騒音対策パネルなどを、集塵機を囲うように設置することによって、騒音軽減に繋がります。

騒音対策には、遮音だけでなく吸音性能も備わったパネルが効果的で、こうすることで遮音性能だけでは防ぎきれない反響音の軽減も期待できます。

多孔質吸音材を使用してあるものは、中音域の吸音性に優れており、機械の騒音対策に向いています。

また軽量のパネルを選ぶことも、大きなポイントです。

軽いと持ち運びがしやすく、施工が簡単に行えると共に、安全にも繋がります。

 

実際の騒音レベルや配置状況などの現状把握も大切

 

騒音対策の施工をする前には、実際の現場で騒音レベルや周波数などを調査することが重要になってきます。

現場の騒音レベルや機械の設置状況、配置などに応じて、適切な騒音対策パネルを選ぶことで、有効な対策に繋がります。

また、設備や機械サイズなどを確認することも大切です。

効果的な騒音対策をするには、専門の業者と相談し、現場状況のリサーチや、適切な部材選びのアドバイスをもらうことから始めましょう。

 

 

集塵機の騒音対策は状況把握と適切な部材選びがカギ

 

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、集塵機の騒音対策のポイントがご理解いただけたかと思います。

より効果的な騒音対策をするためには、社内だけで対策をするのではなく、専門の業者にも相談することがおすすめです。

KEYWORD

    contact

    騒音対策のことならなんでもお気軽にご相談ください。
    TECCELL事業部営業部(代表)