あらゆるシーンで、音を防ぐ、遮る。セイントの吸音の秘密は、ヘルムホルツ共鳴。

表面に微細な開孔を設けることで、ヘルムホルツ共鳴による吸音効果が生じます。セイントはこの原理を生かした様々な騒音対策を実現します。なお、ウレタンなどの多孔質材や、空気層を組み合わせると、より高い吸音性を発揮します。

ヘルムホルツの共鳴原理とは?

音波が入射すると音波に押された空洞部の空気は圧縮と膨張を繰り返してバネとして働きます。ある特定の周波数で開孔部の空気が激しく振動(共鳴)し摩擦損失によって空気の振動が急速に減衰します。これが吸音作用です。

ヘルムホルツの共鳴原理とは?
SAINT(セイント)に関する、
より詳しい情報はこちら ▶

ハニカム構造により強いのに軽い。芯材であるテクセルの実力。

ハニカムコアは六角形のセルの集合体であり、力学上最も優れたサンドイッチコア材です。単位重量当りの強度は、あらゆる構造体の中でも最高峰と言えます。軽量・高剛性素材のハニカムサンドイッチパネルTECCELLは、省資源・CO2削減など環境性能に優れた複合材料であり、あらゆる産業での省エネルギー化に貢献します。

ハニカム構造により強いのに軽い。芯材であるテクセルの実力。 TECCEL(テクセル)に関する、
より詳しい情報はこちら ▶

あらゆるシーン、サイズの防音・吸音対策をご提案したします。
TECCELL事業部まで、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

0585-36-0611

メールでのお問い合わせ ▶

top