=音の基礎知識=

●dB(デシベル)と音の大きさ

音の大きさを表す単位としてdB(デシベル)が使われます。 

 

 例えば、10dB違うとどれくらいに聞こえるのか?

 

騒音レベルが80dB70dBの差は10dBなの

   「大差ないのでは」と思われるかもしれませんが、大きな差です!

 

10dB違うと約1/3の大きさに聞こえます!

20dBではなんと、1/10に聞こえます!

 

  

 

 

●吸音と遮音

吸音とは・・・音を反射させないこと

遮音とは・・・音を通さないこと

 

防音対策には、「吸音」と「遮音」を組み合わせることは適しています。

 

 

 

●騒音に関する我が国の法制度

騒音作業に従事する労働者の騒音障害を防止するため、

労働安全衛生法令に基づいて、騒音障害のためのガイドラインが策定されています。

騒音対策は必須です!

 

 

 

2017年10月20日|

あらゆるシーン、サイズの防音・吸音対策をご提案したします。
TECCELL事業部まで、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

0585-36-0611

メールでのお問い合わせ ▶

top